CATEGORY

邦画

  • 2019年7月5日
  • 2019年7月19日

パラレルワールド・ラブストーリー 感想

パラレルワールド・ラブストーリー(玉森裕太)映画みた感想 東野圭吾原作の小説を実写化した映画なのですが、原作を読まずに映画「パラレルワールド・ラブストーリー」を見に劇場へ行きました。   主人公の恋人が別の世界では親友の恋人として存在しており、2つの世界を行き来するパラレルワールドの話になっています。   どちらが現実なのかパラレルワールドで深まっていく謎を探るミステリー要素の […]

  • 2019年7月5日
  • 2019年7月5日

貞子 映画 感想

映画「貞子」(2019)感想 まずはじめに超がつくほど怖かったです(私は怖いのが苦手)映像も怖かったですが音も怖かったです。 音で怖いというのは貞子VS伽耶子の時と同じでした。   貞子の生まれ変わりの女の子が次々と事件とかかわっていく。 池田エライザ演じる茉優は心理カウンセラーの先生で、その茉優の元に貞子の生まれ変わりの女の子が運ばれて病院の中で茉優にだけ心を開いていく。   […]

  • 2019年7月4日

キングダム 映画 感想

映画「キングダム」みた感想 実写映画化の話が出るよりずっと前から原作マンガを読んでいてファンだった。 アニメ化しているのは知っていたけれど、映画化!しかも実写と聞いて驚いたし、最初は原作ファン特有の不信感の方が強かったと思う。 しかし、ファンとして見逃すのは惜しい…くらいの気持ちで見に行ったところ、映像の美しさ・スケールの大きさに感動を覚えた。   キャストも全員雰囲気が近く、実写映画で […]

  • 2019年7月4日
  • 2019年7月19日

小さな恋のうた 感想

映画「小さな恋のうた」感想 私自身が沖縄県在住ということもあるが、ひいき目なしに振り返ってもいい映画でした。 正直、高校生が主役の学園ストーリーものはあまり好きではなく、今回も同じ青春や情熱や恋愛を題材にしたものだろうと思っていました。 しかし、いい意味で裏切られました。   取り扱っているテーマが「友人の死」「奪われた夢」「親と子供の価値観の相違」「沖縄県の米軍基地問題」など、とても繊 […]

  • 2019年7月4日

フォルトゥナの瞳 感想

映画「フォルトゥナの瞳」感想 原作を読んでからの映画だったので、内容はもともと知っていたのですが、神木隆之介さんと有村架純さんが演じている姿をスクリーンで観ると、本では感じられないリアルな心情などが表現されているのですごく見入ってしまいました。 もともと有村架純さんのファンでもあったので、それありきなのかもしれませんが…。 自分の大切な人がもしこうだったら、自分はどうしていたのだろうか。など考えさ […]

  • 2019年7月3日
  • 2019年7月4日

空母いぶき 映画 感想

映画「空母いぶき」あらすじと感想 日本の領海にある島が謎の国家に乗っ取られ、日本人が人質にとられているという情報が政府に入り、空母いぶきをはじめとする護衛艦が現地に向かいます。 謎の国家を攻撃して撃退する方法もありますが、日本には専守防衛という概念があり、敵であったとしてもこちらから攻撃を仕掛けてはいけないのです。   謎の国家は潜水艦や戦闘機で攻撃してきますが、空母いぶきの艦長である秋 […]

  • 2019年7月3日
  • 2019年7月4日

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」感想

コンフィデンスマンJP ロマンス編 見た感想 ダー子をはじめとするコンフィデンスマンたちが、香港の大物女帝を相手に繰り広げるコンゲームでした。 そこに、テレビドラマでも出てきた赤星と新たな結婚詐欺師が入り乱れて、初めのうちはどうなるか全く予想もつかず。   その中で、ダー子の過去の一部にも触れられていて、実際ダー子の心が揺れ動き「やはり恋の力にお金は勝てないのか?」と思いました。 女帝に […]

  • 2019年7月3日
  • 2019年7月4日

翔んで埼玉 感想

映画「翔んで埼玉」みた感想 一言で言えば、埼玉県民には是非見て欲しい映画です。 笑いあり、ツッコミあり、自虐ありの映画で、ついつい人に勧めたくなりました。 基本的には埼玉の自虐映画ですが、埼玉県民でも気分を害さず終始面白く見れました。 原作は見たことがないのですが埼玉県民として絶対見たい!と思い、見に言ったのですが埼玉県民だからこそ分かるシーンや、そんなことないわ!と心の中でツッコミが止まらないシ […]